こうしたいを現実にするDIY~マイホーム建築で内装を自分達でやったらライフスタイルも変わった家族の暮らし~

汚部屋出身者がグータラ主婦の合間に、インテリア、DIY、ハンドメイド、カラーセラピーやってます。

はじめまして&いつも覗いてくださる皆さん。

本日もご来訪ありがとうございます 。
2011年3月私たち家族はマイホームと出逢いました。

それは大きくて真っ白なおもちゃ箱 。

例えばマグネットのつく漆喰の壁だったり
カウンターだけのキッチンだったり 
色んな顔したドアだったり
例えばバンチョウの造作食器棚だったり
 o0270020211781411557o0270020211781411556
o0500024911781411558
o0598022511781412016
例えば私が作ったビーズランプだったり
例えばぽってりと漆喰塗った階段下だったり
むき出しの配水管だったり
o0500012711781412014o0300022511781412202o0300022511781412492
o0300022511781412204
子供がくぐりたくなる柱と筋交いだったりimg14d47359zik2zj
空を独り占めできる屋上だったり
o0270020211781412494
まだまだ、話たいことばかり。

そして、2020年…



私の好きなインテリア。


無垢の床。漆喰の壁。
ジャンクな棚。 
ビーズランプ。
カリモク60Kチェア。
ルーバー飾り窓。

床の上のプリントの束。 
洗濯済みの洋服の山。?
部屋干しの洗濯物。ん?
テレビの埃。んん!? 


改めまして
私の好きなインテリア。 

マリンライト。
ウンベラータ。ホーローシンク。


柱と筋交いと梁。 タイルの洗面台。
ガラスドアノブ。 

ソファにかかった夫の上着。え?
床で丸まった子供の靴下。え?! 
届いた荷物の空き箱。ええ!?
枯れた観葉植物。ええー!?


Screenshot_20200513-092413_Instagram
↑ 
信じられないだろ?汚部屋なんだぜ。 
(写ってないとこが。) 


汚部屋出身、汚部屋体質の
超めんどくさがり😵のグータラ主婦🙍

夫婦で内装施主施工してカフェ風に💪

今も汚部屋にリバウンドしますが💦

そんなカフェ風汚部屋で

インテリアもDIYもハンドメイドも

楽しんでます😌

片付け苦手🆘️な方に

脱汚部屋目指しながら

インテリア、DIY、ハンドメイドを

楽しむ方法を伝えたい😆


グータラ主婦のカフェ風汚部屋にようこそ!

タグ:キッズスペース


私がDIYを始めたのは

17年前でした。


おはようございます!

*りもの*ドロップの友希(ゆき)です。


                       *りもの*ドロップ                      
    LINE公式アカウントやってます!     

  新作の先行告知などこちらでしています  



長男が2歳、長女が0歳の時です。

今ある作品の中で最も古いのが

17年物のままごとキッチンです。

今も小6になった次女が

紙刻んだり

スライム作ったりして遊んでいます。



 

最も古いDIY作品


Screenshot_20210430-064948_Instagram


17年前

ままごと好きの当時2歳だった長男に作りました。

ほぼ同時期に作った棚は

ベランダで朽ちました…。


ままごとキッチンは当時主婦雑誌に作り方がよく載っていて

長女を妊娠中に何度も眺めては

使ってない棚で作るために

何度もシュミレーションを重ねて

産まれたら絶対作ろうと意気込んでいました。




私も子供の頃ままごとが大好きで

今でもままごとグッズにはときめくし

ミニチュアの家電なんかは

とても興奮してしまいます。


子供たちが大人になって巣立っても

インテリアとしてままごとキッチンは残しておくと思います。



こだわりの蛇口





Screenshot_20210430-065009_Instagram


この年季の入った蛇口のハンドル。

自分が幼稚園児だった頃に

幼稚園の教室にあった木のままごとセットの風合いで

とても気に入っています。


もちろん17年前はちゃんと新品の輝きを放っていました。

100均で購入した丸い棒を輪切りにして

削りだしました。

コンロのつまみの円と同じ木材です。


その木材を子供たちの寝かしつけから生還し

夜な夜なこれまた100均の金やすりで

中学の美術の授業で

1枚の板から鳥のオブジェを

削りだした事を思い出しながら

ひたすら手を動かしていました。


何度先生に見せても

「まだまだぁ!」と、なかなか合格が出ませんでした。

1枚の板から削り出すのに

まさかそこまでの丸みを求められているとは

思っていなかった私は

恐る恐る削っては先生に見せ

1枚の板という思い込みから脱することができずに

時間がかかってしまいました。


1枚の板からこんな立体感のあるものが

作れるんだということは

10年後の夜中にままごとキッチンの

蛇口のハンドルを削り出しながら思い出すほどに

目からうろこが落ちた出来事だったのです。


そして、その経験があったからこそ

頭の中にイメージしたコロンとした蛇口を


100均の丸い棒の輪切りから

削りだすことが出来たのです。



寝かしつけ

夜な夜な削っていた私も

いつもいつも寝かしつけに成功したわけではありません。


とはいえ、ありがたいことに

我が家の子供達の場合は

いわゆる巷でよく聞く

寝かしつける為のコツを実践すれば
(早起き、公園、散歩等)

1、2時間ほどの寝かしつけで

寝てくれていました。


本当にありがたいことです。


寝かしつけるときは

ただひたすら寝たふりするスタイル。

しっかり、寝たのを確認したのち

布団からそっと出て

寝室を後にして隣の部屋に移動し

ふと足元を見たら

「やっと、寝かしつけ終わった。やれやれ」

みたいな雰囲気を醸し出しながら

当時1歳の長女が立っていた時は

心臓が止まりそうなぐらいビックリした後

お腹がよじれるほど笑いました。

私が寝たふりしているのを真似して

私が布団から出たのも真似して

隣に移動したのも真似して

私が醸し出した

「やっと、寝かしつけ終わった。やれやれ」

も、真似したのでしょうね。



その日は寝かしつけもあきらめて

膝の上に長女を乗せて

のんびりテレビを見て過ごしました。



100均のMDFで扉


それから16年後。

やっと昨年扉を付けました。


Screenshot_20210430-065043_Instagram

100均のMDF材です。

そして、陶器のレトロなつまみも100均。


Screenshot_20210430-065101_Instagram



長い間布だったり

オープンだったり


していたのですが

ついに、思い描いていた

扉を付けることができました。

Screenshot_20210430-065121_Instagram

布だった頃
Screenshot_20210430-065207_Instagram

オープンだった頃。

引っ越したころ

Screenshot_20210430-065138_Instagram


今の家に引っ越した頃はこんな感じで

フェリシモのくすみカラーの引き出しの組み合わせが

レトロな幼稚園みたいで好きです。

賃貸時代からこの配置だったので

引き出しもかなり年季が入ってて

今めちゃくちゃ好きな感じになってます。


今はこの部屋も壁を作ったりして

この頃とはまるで違うのですが

この物の少なかった時代もよかったなー。

と、思ったりします。

まぁ、物が多すぎて戻れないんですけどね!!





最後までご覧いただきありがとうございました!



こちらを登録すると更新のお知らせが届きます



SPF材で作った秘密基地を

数年後に塗装しました。


こんにちは!

*りもの*ドロップの友希(ゆき)です。


                       *りもの*ドロップ                      
    LINE公式アカウントやってます!     

  新作の先行告知などこちらでしています  



SPF材の経年劣化した

飴色の風合いも捨てがたかったのですが

今回の配色も見たくて塗装しました。


 

無塗装だったころ

Screenshot_20210421-163408_Instagram

全部荷物出した後ですが

無塗装の頃の秘密基地兼アスレチックです。

この下はままごとキッチン等がいつも並んでます。

今年小6になった次女は

スライム作ったり

紙切り刻んだりして

今もままごとキッチンで遊んでます。
 

ワトコオイルエボニーを塗装


Screenshot_20210421-163415_Instagram
ワトコオイルのエボニーを塗装。

一気にかっこいい雰囲気!!!


 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ワトコ ワトコオイル エボニー 200ML
価格:1360円(税込、送料別) (2021/4/21時点)







内側塗装

Screenshot_20210421-163431_Instagram


内側はこんな感じ。

山小屋みたいで好きな空間。

そして、狭さが落ち着く。



ワトコオイルのエボニーを塗装。

Screenshot_20210421-163438_Instagram

かっこいい。

かっこよくしたい時には

エボニーですね。


Screenshot_20210421-163454_Instagram


小さい時の落書きが

かわいくて消せないので

このまま残しています。




昭和な幼稚園の配色

Screenshot_20210421-163524_Instagram

昭和な幼稚園の配色。
(個人の感想です)


一気にかわいい~

ノスタルジ~


Screenshot_20210421-163506_Instagram
上段は無塗装のまま。

BEFORE→AFTER

Screenshot_20210421-163534_Instagram


夜もいい感じ!!



最後までご覧いただきありがとうございました!


投稿のお知らせが届きます。




無題1153_20210224105525




昨年、キッズスペースの秘密基地を塗装し

16年前に作ったままごとキッチンに

扉をつけました。


こんにちは!

*りもの*ドロップの友希(ゆき)です。


                       *りもの*ドロップ                      
    LINE公式アカウントやってます!     

  新作の先行告知などこちらでしています  


無塗装の秘密基地で

その風合いもなかなか味のあるものでしたが

頭の中にその配色が浮かんだので

塗ることにしました。



 

秘密基地を作ったきっかけ

秘密基地を作ったのは

当時4歳の次女をアスレチックの

ある公園に連れて行った際に

幅の広いはしごのようなアスレチックが

うまく登れなかったので

家の中に作ろう!!

と、なったのです。


トレーニング等で筋力をつける

なんてことは大人でも続けるのが難しいので

できれば日々の生活で自然と筋力が

つくのが好ましいと思ったのです。

秘密基地を作る前。

Screenshot_20200826-090341_Instagram


秘密基地を作った時の様子。
Screenshot_20200826-090328_Instagram
Screenshot_20200826-090356_Instagram


Screenshot_20200826-090413_Instagram
Screenshot_20200826-090448_Instagram

 

塗装する

塗装前の秘密基地
Screenshot_20200826-083031_Instagram

これはこれで味わい深くて

とても好きでした。


しかし、次女はこの時すでに小4。

たまたま、ままごと好きで

1人でも

この場所を好んで遊んでいましたが

早い子はもうこういう遊びも

しないだろうと、思ったら

頭の中に浮かんだ配色を塗装せずに

取り壊す日が来てしまうかもしれない。

と、いうことで塗装しました。




20191105_140224

塗装後の秘密基地

Screenshot_20200826-083045_Instagram

20191106_111055

この落書きが消せなくて

本棚の塗装は断念。
20191105_144056


上部も塗らないままにしておきました。
20191106_103256


レトロな色を塗装


この色もなかなかいい。
20191106_111404

なかなかいいけれど

昭和の幼稚園のようなレトロ感を出したかったので

パステルカラーよりも

トーンダウンした色を塗装しました。

Screenshot_20200826-083054_Instagram


左端の引き出しは

フェリシモもモノですが

こちらも昭和の幼稚園っぽくて

あつめました。


ままごとキッチンに扉をつける

Screenshot_20200826-090426_Instagram

こんな感じで扉ありませんでした。



20191112_084409

こちらも昭和の幼稚園のイメージで

キッチンは無塗装にしてます。



ワトコオイルのエボニー塗ったMDF

で扉作りました。
20191110_114943
20191110_143559


レトロになるようにこのオレンジ。
20191111_215757



ミニキッチンは今18歳の長男が2歳の時に

作ったモノです。

長男はとにかくままごとが好きで

本物のキッチンのシンクしたから

フライパン持ち出して

ミニカーを炒めたりしていたので

作ったのですが

もう16年も経ちました。



これは、たぶん子供たちが

遊ばなくなっても壊せません。
20191112_063731
20191112_063806


最後までお読みいただき

ありがとうございました!




カラーボックスの絵本が斜めになって

最後横に倒れてしまうのが気になっていました。


こんにちは!

*りもの*ドロップの友希です。

寝転んだままできる脱汚部屋はじめの3歩
プレゼント中




子供たちが小さかったころ

小児科の待合室とが

飲食店の子供コーナーとかの

絵本の収納がかなりの確率で

カラーボックスでしたが

絵本が少なくなって

残された絵本が横に倒れてることが

あったのですが

カラーボックスとか幅広の本棚だと絵本が

最後まで倒れるんですよね。

そして、起こすのも本の重みで起こせない。



我が家のキッズスペースでも

同じことが起きていました。


じゃあ、完全に倒れない幅の本棚なら

修復が楽じゃない?

と、いうことで作った壁面収納になります。



 

SPF材を一枚の板に


4

SPF材を3枚並べて角材でとめます!

この角材はのちのち

横板を置く場所になるので

正方形っぽくしたかったので

なるべく、横板と同じくらいの高さになるように
 
計算しました。

秘密基地の天井部を利用

設置場所が秘密基地的的な

アスレチックの場所なので

天井部分を利用します。


3

左側です。


5

先ほどの板をはめていきます。

ビスで固定とかはしてないです。



横板を乗せていく

2

6

こちらも秘密基地の

両サイドの柱を使っているので

ビスは使用しませんでした。

完成!



1

これで本が真横に倒れてしまうことは

無くなりました!



最後までお読みいただきありがとうございました!


我が家のインテリアの紹介をしていますが

9年という年月で随分楽しませてもらったな。

と、感じています。

こんにちは!友希です。

9年前と同じ場所が1ヶ所もありません。

そもそも施主施工でタイル以外の全ての壁が

石膏ボードのまま住み始めたので

全ての壁が真っ白になった時の感動なんかも

思い返していました。



それで、初めて作ったルーバーを

当時の感動のままにInstagramに載せたら

作ってみたいってコメントをいただいたりして

とても嬉しかったので

こちらのブログでも

昔のDIY作品の紹介もしていきたいなぁ。

とか、思ったりしています。


さて、今日はリビングに隣接した部屋を

紹介したいと思います。

キッズスペース

キッズスペース&PCスペース

キッズスペース&PCスペース&私スペース

と、変化を遂げています。



 

とりあえず真っ白の部屋に

ちょっとリビングと違う空間ですよ感

を出したくて

柱と筋交いと梁と床と窓枠を

BRIWAXのホワイトで塗りました。



Screenshot_20200607-090349_Internet

Screenshot_20200607-090341_Internet

漆喰の下にスチールを貼り付けて

マグネットがつくようにしています。

Screenshot_20200607-090357_Internet

ままごとキッチンだけの時

1階の個室にキッズスペースを作っていたので

こちらはままごとキッチンだけにしていました。
Screenshot_20200607-091044_Internet


Screenshot_20200607-091056_Internet

当時、10歳7歳2歳だったため

ロッカーは子供1人につき2か所を使用し

学校や習い事の物を

収納していました。

キッズスペース&PCスペース

1階の個室2を

バンチョウの部屋にした時代で

おもちゃを全て2階に持ってきた為

散らかり気味のキッズスペースに

ままごとのお店屋さんを作りました。

Screenshot_20200607-085310_Internet

ここに作りますよ。っていう点線。

Screenshot_20200607-085323_Internet

いつの間にかPCスペースも出来てます。

Screenshot_20200607-085348_Internet

いつの間にかアスレチックの

ロープもぶら下がってます。
Screenshot_20200607-085356_Internet

Screenshot_20200607-085331_Internet


ままごとスペースを階段下に模様替え
Screenshot_20200607-085124_Internet
Screenshot_20200607-084851_Internet
Screenshot_20200607-085156_Internet
Screenshot_20200607-085210_Internet
Screenshot_20200607-085221_Internet

さらに本棚もできました。

Screenshot_20200607-084919_Internet


階段下にアスレチック的秘密基地

長女が2歳の時

昔おもちゃのジャングルジムが

家にあって

もりもり登って

筋肉モリモリだったので

家の中で遊んでるうちに

勝手に体使えるといいな

と、いうことで

秘密基地兼アスレチックを

作ることにしました。

Screenshot_20200607-083222_RoomClip

高台でアナ雪歌う2歳か3歳の次女。

Screenshot_20200607-083119_RoomClip

ブランコのような遊び方もされていた

ハンモック。

Screenshot_20200607-083054_RoomClip
パソコンスペースもシンプル。


その後本棚の向きを変えました。

Screenshot_20200607-083041_RoomClip

Screenshot_20200607-082558_Instagram


Screenshot_20200607-082815_Instagram

ロッカーとパソコンスペースも

マイナーチェンジがちょこちょこあり。

Screenshot_20200607-082710_Instagram



Screenshot_20200607-083003_RoomClip


Screenshot_20200607-082508_Instagram


最終的に全部出して

Screenshot_20200607-082449_Instagram

アスレチックを塗装。

Screenshot_20200607-082433_Instagram
Screenshot_20200607-082422_Instagram


私スペースの登場


個室を子供達に与え

バンチョウと同じ空間になった

私スペースは不便なので

リビングの隣に移動してきました。


Screenshot_20200607-082409_Instagram
Screenshot_20200607-082401_Instagram



Screenshot_20200607-082337_Instagram

20191209_181804

ハンドメイドの作業場です。
20191209_181709
20191209_195648

ハンドメイドの神様としている

大好きな作家さんのキャンドルと

自分の作品を一緒に飾ってます。


Screenshot_20200607-115716_Gallery
Screenshot_20200607-115807_Instagram

恐らく一番遊んでる部屋かもしれません。




↑このページのトップヘ