マイホーム建築で内装と造作家具を

自分たちで施主施工することになったいきさつを

10年前の家づくりから振り返ってます。


こんにちは!


*りもの*ドロップの友希(ゆき)です。


                       *りもの*ドロップ                      
    LINE公式アカウントやってます!     

  新作の先行告知などこちらでしています  




マイホーム建築中に北玄関か南玄関か

メリットとデメリットを比べて

北玄関を選んだものの

1年後に想定外の現実を

受け入れることになったと

前回の記事にしましたが



今回は1階リビングか2階リビングか

について書きたいと思います。

そして、前記事同様に1年後に起きた

想定外の現実について書きたいと思います。


 

提案されていたこと

前記事でも書いたのですが

我が家は私たちが要望した通りに

部屋を建てようとすると

南側の土地に1mから3mの

土地しか余裕がありません。


2階の部屋を駐車場スペースの上まで広げて

バルコニーを広くとり

3階部分は全部屋上ガーデンにするという


感じで提案されていました。


 

1階リビングメリットデメリット

メリット

夏リビングが涼しい。

全ての部屋を温める場合
階下が温かいと2回が温まりやすく
お風呂やキッチンでもへやが温かくなるので
暖房効率がいい。

布団が干しやすい。

買い物の荷物を持って階段を上らなくていい。

2階に部屋がたくさん作れる。


デメリット


暗くなりがち


夏2階が暑くなるので

1階との温度差が開き

2階を冷やそうとすると

冷房効率が悪い。

でも、冷やさないと寝るときに暑い。


玄関やお風呂があるためリビングを広く取れない

外の人の気配を感じる

ご近所も1階リビングの場合、ご近所の気配を感じる

2階リビングメリットデメリット

メリット
リビングがあかるい。


2階の冷気が1階にまで流れるので

真夏日以外は1階も冷房無しでもそこまで暑くない。


玄関やお風呂が同じ階に無いので

リビングを広く取れる

外の人の気配を感じない。

ご近所も1階リビングの場合、ご近所の気配を感じずらい。




デメリット

リビングに西日が当たる時間がとにかく暑い。

冬は1階に人がいなくて冷えるので
2階もなかなか温まらず
結局1階も温めなくてはならないので
暖房効率が悪い。

買い物の荷物を持って階段を上らなくてはいけない。

布団を干す場所が無いので乾燥機。


住んで9年目の現実

img87e0952fzikbzj

引っ越してすぐの我が家の

リビングからの眺めですが


住んで1年でこの辺り一帯に

一気に住宅が建ちました。



なので、前記事に書いた通り

リビングの前は道路になり

キッチンの前は人の家の激近トイレと物置

と、なったのですが


ここは2階リビングのメリットが生きてきまして

2階だったおかげで激近物置は視界に入らず

人の行き来もそこまで気にならず

生活の気配もほとんどないです。



そこまで

と、言うのは


目の前の土地が若干我が家より

高くなってしまっていて

1階が半地下のような状態になっています。



外に出で地面に立った状態で

大人の顔あたりが前の家の道路の高さになります。



なので、同じ高さまでは行かないですが

リビングが前の道路と近くなって

2階リビングのメリット半減なのです。



そして、近すぎるキッチンと前のお家は

通常の高さなら座った時は

空が見えるはずの窓の景色が

前のお宅の屋根になってしまいました。



でも、キッチンに立った時は壁なので

これはこれで落ち着きます。

Screenshot_20200717-122421_Instagram



Screenshot_20200717-122349_Instagram


キッチンの前は植物でモリモリにする予定なので

そんなに気にならないです。



Screenshot_20200717-123138_Instagram

リビング側もハウスのようなものをDIYしたので

カーテンなしでも家の中見えないのですが

このハウスの外に出ると

挨拶するには微妙な距離で

しないのも微妙な距離という

2階の高さです。




と、言うことで

目の前の空き地に土が盛り上がっていたら

それが処分されることがなく均され

土地に高さが出る場合があるので

周りの土地の土の量にも注意して

土地を選んでくださいね。



更新通知が届きます!