こうしたいを現実にするDIY~マイホーム建築で内装を自分達でやったらライフスタイルも変わった家族の暮らし~

汚部屋出身者がグータラ主婦の合間に、インテリア、DIY、ハンドメイド、カラーセラピーやってます。

はじめまして&いつも覗いてくださる皆さん。

本日もご来訪ありがとうございます 。
2011年3月私たち家族はマイホームと出逢いました。

それは大きくて真っ白なおもちゃ箱 。

例えばマグネットのつく漆喰の壁だったり
カウンターだけのキッチンだったり 
色んな顔したドアだったり
例えばバンチョウの造作食器棚だったり
 o0270020211781411557o0270020211781411556
o0500024911781411558
o0598022511781412016
例えば私が作ったビーズランプだったり
例えばぽってりと漆喰塗った階段下だったり
むき出しの配水管だったり
o0500012711781412014o0300022511781412202o0300022511781412492
o0300022511781412204
子供がくぐりたくなる柱と筋交いだったりimg14d47359zik2zj
空を独り占めできる屋上だったり
o0270020211781412494
まだまだ、話たいことばかり。

そして、2020年…



私の好きなインテリア。


無垢の床。漆喰の壁。
ジャンクな棚。 
ビーズランプ。
カリモク60Kチェア。
ルーバー飾り窓。

床の上のプリントの束。 
洗濯済みの洋服の山。?
部屋干しの洗濯物。ん?
テレビの埃。んん!? 


改めまして
私の好きなインテリア。 

マリンライト。
ウンベラータ。ホーローシンク。


柱と筋交いと梁。 タイルの洗面台。
ガラスドアノブ。 

ソファにかかった夫の上着。え?
床で丸まった子供の靴下。え?! 
届いた荷物の空き箱。ええ!?
枯れた観葉植物。ええー!?


Screenshot_20200513-092413_Instagram
↑ 
信じられないだろ?汚部屋なんだぜ。 
(写ってないとこが。) 


汚部屋出身、汚部屋体質の
超めんどくさがり😵のグータラ主婦🙍

夫婦で内装施主施工してカフェ風に💪

今も汚部屋にリバウンドしますが💦

そんなカフェ風汚部屋で

インテリアもDIYもハンドメイドも

楽しんでます😌

片付け苦手🆘️な方に

脱汚部屋目指しながら

インテリア、DIY、ハンドメイドを

楽しむ方法を伝えたい😆


グータラ主婦のカフェ風汚部屋にようこそ!

カテゴリ:DIY > 自分の部屋



こんにちは!
*りもの*ドロップの友希です。

こちらを改造中です。
20180129_194047



どうやら、SPF材を切ったところと、
塗装したところをが撮り忘れたので
いきなり、設置してます。

20180202_135302


ぴったりサイズだったので、
ビスは打ちませんでした。

20180202_135400



棚板をのせる部分をビスでとめます。

20180202_182049



20180202_182119



20180202_182126


棚板を乗せます。

20180202_182608


20180202_183604


20180202_183657


20180202_183725



なんとなくしまってみました。
まだまだ、しまえます。

20180202_184818


右側にも棚板を増やす予定ですが
布で隠すか、色んな柄の箱だらけにするか
迷い中です。



こんにちは!
*りもの*ドロップの友希です。

間口80センチのこちらの私の部屋

20180129_194522



気づくと物が増えちゃってる😅

20180129_194442


この棚をプチ改造したいと思って動き始めました。


20180129_194047
20180129_194013


この棚は、ハンドメイドのイベントで
サンキャッチャーや、ビーズランプをかけて展示する為に
昔作った物です。







ご覧の通り、収納には適してないのです。

なので、しきりを増やしたい。

と、いうことで
20180129_193952


真ん中に鎮座していたポールを外しました。


そしたら、出かけることになりまして

おやつにマックのダブダブチを食べたら

顎が痛くなり、今に至ります😨

また、進展があれば更新させていただきます!

では、大好きな蜷川実花さんが出ている深いイイ話が見たいので

これにて!




+genicstyleで
モルタル造形風レンガの漆喰壁の
記事を書かせてもらってます。
よかったら覗いてね✋
+genicstyleの*りもの*ドロップのページ

↑このページのトップヘ