マイホーム建築で内装と造作家具を

自分たちで施主施工することになったいきさつを

10年前の家づくりから振り返ってます。


こんにちは!

*りもの*ドロップの友希(ゆき)です。


                       *りもの*ドロップ                      
    LINE公式アカウントやってます!     

  新作の先行告知などこちらでしています  



マイホーム建築中に一番悩んだのは

キッチンでした。


キッチンを背面にするか対面にするか

アイランドにするか

はたまた、独立にするのか

それによって間取りもだいぶ変わってくるので

後回しにしていつまでも

悩んでいい場所ではありません。


でも、どのキッチンの形にするかで

生活自体が変わっていくので

慎重になってしまいます。




 

キッチン色々あるけど

最近のキッチンは対面が主流だと思います。

最後に住んでいた賃貸アパートは

対面キッチンでした。



リビングからキッチンにいる人の顔は見えるけど

キッチン自体は見えないのです。

キッチン見えないからある程度

散らかっても問題なし。


じゃあ、独立させたら散らかし放題じゃない?

でも、散らかってる上に

リビングと温度差あったら

台所仕事億劫だよね。

あと、祖母の家に遊びに行った時に

祖母が台所仕事始めると

さみしかったな。


アイランドキッチンは

全部丸見えだよね。

そして大きいよね。

台という台に物を置いちゃう家族だよ?


ずっとごちゃごちゃしてるの嫌だよね。

でも、みんなで料理するなら快適かもね。


背面キッチンも丸見えだよね。

でも、片付けの時に

ダイニングテーブルと最短じゃない?


と、言うことで

それぞれの

メリットデメリットを並べてみます。

 

メリット

対面キッチン
・リビングにいる人の顔を見ながら

台所仕事が出来る。


・子供が小さい場合ベビーゲートを付けやすい。

・キッチン自体が見えないので生活感を隠せる。

・手元が見えないので来客時に調理中

来客の目線がプレッシャーにならない。

・テレビ見ながら台所仕事できる。



背面キッチン
・お気に入りのキッチンがリビングからも見れる。

・ダイニングテーブルから片付けまでが最短。

・壁際にあるので部屋が広く感じる

・小さな子供がいても死角にならない。

・目の前を窓に出来る。


独立キッチン
・リビングから生活感を完全に隠せる。

・料理に集中できる。

・コックピットのように効率的に料理出来る。

・小さな子供が入れないようにしやすい。

・料理をしてもリビングが暑くならない

・料理をしてもリビングに匂いが充満しにくい。


アイランドキッチン
・キッチンが中心で家族で料理しやすい。

・来客もキッチンを使いやすい。

・片付けが楽。

デメリット


対面キッチン
・キッチン自体が死角になって

小さい子供の様子が見えない。

・お気に入りのキッチンがリビングから見えない。

・リビングに匂いがダイレクトに充満。

・料理の熱気がリビングにダイレクトに反映。



背面キッチン
・生活感を隠せない。

・来客時背後の気配が気になり過ぎる。

・来客時料理してる後ろ姿が丸見え。

・ベビーゲートを付けることが出来ない。

・リビングに匂いがダイレクトに充満。

・料理の熱気がリビングにダイレクトに反映。



独立キッチン
・子供の様子がわからない。

・冷暖房も独立しないといけない。

・お気に入りのキッチンがリビングから見えない。



アイランドキッチン
・生活感が丸見え。

・十分なスペースが必要。

・ベビーゲートが付けることができない。

・キッチン自体が死角になって

小さな子供の様子が見えない。

・リビングに匂いがダイレクトに充満。

・料理の熱気がリビングにダイレクトに反映。

我が家のキッチン

我が家のキッチンは背面です。


マイホーム建築中

木製天板にホーローの洗面台を

雑誌で見ていて

この組み合わせに異常に取りつかれていました。



でも、洗面台はタイルにしたい。

と、いう並々ならぬ決意がありました。



じゃあ、キッチンを

木製天板にホーローシンクに

したらいいんだ!!


そうなってくると

リビングから眺めたい。

そんなお気に入りのキッチンは

リビングからも見たいのよ。


そして、料理してる時

外が見えたら素敵じゃない?
Screenshot_20200717-122421_Instagram


と、背面キッチンにしました。



望み通り毎日リビングからキッチン見えるし

キッチンから外を眺められて最高です!!



デメリットでも述べましたが

ベビーゲートを付ける場所がないので

子供が小さいうちはダイニングごと

柵をDIYして入れないように

するしかありませんし


来客時は背後からの

目線が気になります。


そして、生活感は丸見え。



ですが、とても満足です。


もう一度建てるなら

もし、もう一度建てるなら

独立キッチンにします。



自分の子供が大きくなって

ダイニングのベビーゲートを外しましたが

小さな子供が遊びに来ると

キッチン回りを自由に行き来できるのは

お湯を沸かすのもドキドキで

独立キッチンならコンロ回りに

遊びに来た子供が来て危険ということも

ないだろうなーと思うのです。



そして、やっぱり植物が見える窓は欲しい。

リビングの間に料理を受け渡しできる

開閉窓もほしいなー。



祖母が台所にこもってしまうのが

子供の頃すごく寂しかったのですが

その姿は憧れでもあったのです。


自分が遊んでもらえなくて寂しい

よりも、一緒に参加できないおばあちゃんが

かわいそうで寂しい。

だったのです。



大人になって祖母の家は改築されて

みんなが集まる場所から

祖母と会話はできても

相変わらず台所に座っていました。


祖母にとってはきっと

そこがとても落ち着く場所

だったのだと思います。


そして、その姿から私はどこか

プロフェッショナルを感じていたのです。



だから、自分に孫ができるようなことがあれば

そんな風に台所にこもって

お茶持って登場する

どこか、その姿に

プロフェッショナルを感じる

そんなおばあちゃんになりたいのです。



それは、決して台所は女の人の場所。

とかいう、古き悪しき概念ではなく

ただただ、

「おばあちゃんってさーいっつも台所にるよねー」

って、言われるおばあちゃんに

なってみたいだけなのです。



最後までお読みいただきありがとうございました。


登録すると更新通知が届きます。