こうしたいを現実にするDIY~マイホーム建築で内装を自分達でやったらライフスタイルも変わった家族の暮らし~

汚部屋出身者がグータラ主婦の合間に、インテリア、DIY、ハンドメイド、カラーセラピーやってます。

はじめまして&いつも覗いてくださる皆さん。

本日もご来訪ありがとうございます 。
2011年3月私たち家族はマイホームと出逢いました。

それは大きくて真っ白なおもちゃ箱 。

例えばマグネットのつく漆喰の壁だったり
カウンターだけのキッチンだったり 
色んな顔したドアだったり
例えばバンチョウの造作食器棚だったり
 o0270020211781411557o0270020211781411556
o0500024911781411558
o0598022511781412016
例えば私が作ったビーズランプだったり
例えばぽってりと漆喰塗った階段下だったり
むき出しの配水管だったり
o0500012711781412014o0300022511781412202o0300022511781412492
o0300022511781412204
子供がくぐりたくなる柱と筋交いだったりimg14d47359zik2zj
空を独り占めできる屋上だったり
o0270020211781412494
まだまだ、話たいことばかり。

そして、2020年…



私の好きなインテリア。


無垢の床。漆喰の壁。
ジャンクな棚。 
ビーズランプ。
カリモク60Kチェア。
ルーバー飾り窓。

床の上のプリントの束。 
洗濯済みの洋服の山。?
部屋干しの洗濯物。ん?
テレビの埃。んん!? 


改めまして
私の好きなインテリア。 

マリンライト。
ウンベラータ。ホーローシンク。


柱と筋交いと梁。 タイルの洗面台。
ガラスドアノブ。 

ソファにかかった夫の上着。え?
床で丸まった子供の靴下。え?! 
届いた荷物の空き箱。ええ!?
枯れた観葉植物。ええー!?


Screenshot_20200513-092413_Instagram
↑ 
信じられないだろ?汚部屋なんだぜ。 
(写ってないとこが。) 


汚部屋出身、汚部屋体質の
超めんどくさがり😵のグータラ主婦🙍

夫婦で内装施主施工してカフェ風に💪

今も汚部屋にリバウンドしますが💦

そんなカフェ風汚部屋で

インテリアもDIYもハンドメイドも

楽しんでます😌

片付け苦手🆘️な方に

脱汚部屋目指しながら

インテリア、DIY、ハンドメイドを

楽しむ方法を伝えたい😆


グータラ主婦のカフェ風汚部屋にようこそ!

2018年08月



こんにちは!
*りもの*ドロップの友希です。





ハンドメイドが売れるまで

を書いている途中ですが、

何年もの間、ジャンクな玄関にしたくて

しかし、勇気が出ずにSPF材そのものの

配色でいた玄関ですが

この度、晴れてジャンクなシャビーな雰囲気に

塗装することができて嬉しくなったので

そちらから投稿させていただきます!

まずは、beforeをご覧ください🎵

20180820_135132



20180820_115242


20180820_114917


20180820_114912


20180820_114845


20180820_115058


20180820_115125



以前、よく水の切れてない刷毛で塗ったSPF材が

ヒタヒタになり、あわててティッシュで拭いたら

いい感じに木目が出ていて古材風だったので

ペンキを水で薄めたペンキ水で全部塗装しました。

20180820_151950


灰色のペンキ水と茶色のペンキ水

汚す用に黒、白、赤、黄、青の普通のペンキ。

汚したい色を塗って、ペンキ水で馴染ませる。

時にはティッシュで拭う

って、塗り方をひたすらしていきました。

20180820_144414

20180821_110315


20180821_063037



薄めただけの水性ペンキだけどいい感じです✨


次回、完成を載せたいと思いますが

実はインスタではbefore→after載せてます。

よろしければ覗いてください🎵








こんにちは!
*りもの*ドロップの友希です。




20180828_115408


その頃の私は、

2歳の長男と0歳の長女と毎日過ごしていました。

今から14年ほど前になるでしょうか?


深夜2時に帰宅し、朝9時に5分で支度を終え

一言もしゃべらず出ていくバンチョウ。

とても子育てに協力してほしい。なんて

言えるような環境ではなく

そもそも、子育てを一緒にする

と、いう概念事態を私自信失念していました。


恐らく長男が産まれた時には、

何度か協力をあおいだのですが

俺の方が大変アピールに心が折れた記憶があります。

当時は大変だから協力してほしい。というよりは

一緒に子供の成長を共有したかっただけだったんですが

何故、私自信も未熟だった為

伝え方もヘタクソで通じず諦めてしまい

気づけば本当に協力してほしい時にすら

協力してもらえないくらい仕事をするようになってしまい

当時、過酷すぎる激務で

バンチョウが家族に笑いかけることも

ほとんどありませんでした。


そんな折、私の唯一のストレス発散は主婦雑誌でした。

素敵なインテリアにごはんにDIYにハンドメイド。

私はその雑誌の発売日が楽しみで仕方ありませんでした。

ミニキッチンやフェルトの

お弁当なんかが流行ってたと記憶しています。


今でいうワンオペ育児とやらだった為

バンチョウのことは考えなくてよかったので

子供との生活リズムも作りやすく

私は働いてなかったので

自分の時間はたっぷりありました。


ミニキッチンは長女出産後に

里帰りしていた実家から

自宅へ戻った後、すぐに作り始めました。


朝食を済まし家事をざっとやったら

出勤するように10時に毎日公園に行きました。

バンチョウに休みがなかったので

土日も毎日公園にいました。


12時にスーパーで買い物して

ダッシュでお昼準備して

1時には昼寝の寝かしつけ。

公園で遊ばせているので

一旦寝てしまえばおやつまで起きません。

夜も8時に寝かしつけ。

昼寝が響いてしまっても

一時間寝たふりしてれば寝てしまうので

お風呂の湯船で0歳児がうん○したり

昼寝の寝起きが悪くて

一時間近く狂ったように2歳児が泣いて

暴れる以外はチョロいもんです。


子供が寝てる間にコツコツコツコツコツコツコツコツ。



今みたいにハンドメイドのアプリなんかはなかったのですが

ふと、フェルトのお弁当を売ってみようと思ったのです。




↑このページのトップヘ